2019年 異動者アンケートは こちら

不祥事防止に必要なことは?

 埼玉県の教員が「残業代がでないのはおかしい」ことを裁判に訴えました。このことは何十年も前から問題になっています。最近は報道のおかげで誤解は減りつつありますが、「教員はどれだけ働いても残業代は出ない」ということです。

 教員という業務の「特殊性」に対して出される「4%の調整額」および部活・宿泊学習等の業務に出される「特別勤務手当」(「残業代ではない」ので最低賃金未満)はありますが。

 

 すでに退職された方が現役だった半世紀前は多少の「自主的・自発的」業務は可能だったようですが、今は、授業の仕方から、成績の出し方、果ては掃除の仕方まであれこれ言われる時代、今の残業はほとんど強制的にやらされているものです。

 最たるものが知教労設立以来訴え続けている「部活問題」。そもそも勤務時間外までの部活は「校長が主宰する職員会議」で決められた最終下校時刻に基づくものです。また、どのように決めたかにせよ、「部活顧問をやるかやらないか」の選択権が教員にない限り強制されていると言えます。決して「ボランティア」ではないのです。(ボランティアは自ら志願するものです。)

 

 生徒児童が在校する時間が、多くの学年で「大人の労働基準法上の勤務時間」と同じ8時間を超えている(小学校低学年は7時間)時点で、休憩時間さえ確保されていない教員が自由に動くことができないのは明らかではないでしょうか。

 最近、毎年恒例の「不祥事防止」について県教委からのプリントが配られましたが、なぜか長時間労働やパワハラについては配られません。教育委員会や管理職は長時間労働やパワハラこそが不祥事であり、また不祥事を生む土壌だと気が付き、改善してもらいたいものです。(公的文書である「出退校記録」の改ざんが多発している「不祥事」は大丈夫ですか?)

 

                               2019年6月29日

 

「先生の自由、急速に奪われている」(ウィズニュース) https://withnews.jp/article/f0190627002qq000000000000000W0by10301qq000019305A

新年度が始まって2か月 皆さんの職場はどうですか?

 2019年度が始まって2か月、皆さんの職場はどうですか。特に今年度異動した方は、前の職場との違いに戸惑われたと思います。初年度はなかなか口に出せないことも多いですが、異動者だからこそ、おかしいと気付くことも多いのです。

 

 例えば、中学校部活の朝練。県内・知多でも縮小傾向にありますが、一切行わない、6・7月のみ行わないなど対応は様々。教員の勤務時間からすれば(シフト制ではないので)7時半から朝練を行うと、16時には勤務が終了するはずで夕方には部活は行えないはずです。小学校部活についても名古屋市のように思い切って廃止しないと、来年の新学習指導要領で、県教委の進める働き方改革に逆行するという意見も出ています。

 

 運動会も話題に。5月下旬に運動会が行われた小学校も多いようです。ここ3週間とも週末はかなり暑く、熱中症の心配がありました。児童の安全管理はしっかり行われたように聞きますが、反面、準備等で教員の仕事が増え、学校によっては準備が勤務時間外までかかったということも組合員から聞いています。教員の健康についても考えてほしいという意見が出ています。

 

 学校訪問も市町・学校によって異なります。指導案がA4・1枚のところや、提出は2週間前で良いというところから、何度も検討会をしたり、2か月前に提出を求められる学校まで。長時間の「サービス残業」を伴ってまで必要でしょうか。精選できるところもあるのではないでしょうか。(名古屋市は半日日程です。)たいていの市町教委は「2か月前に出すことや、過剰な環境整備は求めていない」と知教労には話していますが、実際は?

 

 その他、休暇取得などの事務手続きや設備・備品・事務用品から管理職の言動(パワハラ等)まで、気になること、おかしいことはぜひ、この上にある「異動者アンケート」にお寄せください。匿名も可能です。(対応や相談が必要な場合は連絡先が必要です)お待ちしています。異動者以外の方・新任・講師の方も気になることがあれば「異動者ではないこと」を書いてお寄せください。

 

                                2019年6月4日

 

愛教労定期大会

 4月27日、愛知県教職員労働組合協議会(愛教労)定期大会が行われました。知教労も、愛教労に参加している組合の一つですので、役員や代議員等多くの組合員が参加しました。

 各地域の組合員が集い、県レベルでの労働条件などについて情報交換を行うとともに、今後の活動方針を確認しました。

 愛教労定期大会では、多くの組合員が思っていることを率直に発言・意見表明しています。20代の組合員も職場で大きな成果をあげたことを発言するなど、「声をあげること」の重要性を感じた定期大会だったのではないでしょうか。部活問題についても解決には程遠いですが、各地で進展が見られるとの報告が相次ぎました。

 今年度も憲法の精神を生かして、平和で民主的な職場作り、パワハラや長時間労働のない職場作りを目指していくことが確認しました。

 

 最近、各地で続々と愛教労に加入する教員が出てきています。ベテランも新人も関係なく平等に発言権が与えられる愛教労・知教労にぜひ顔を出してみてください。組合員以外が参加できる講演会や学習会もありますので、ぜひ当ホームページを定期的にご確認ください。

 

                                2019年4月29日

知多地方教職員労働組合(知教労)へようこそ

 知多半島の教職員の皆様、新しい年度が始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか。今年度も、知多半島の教職員の皆様が、より良い環境で気持ちよく仕事ができるよう支援していきたいと考えていきますのでよろしくお願いします。

 知教労では3月21日に定期大会を開催し、新しい役員を選出し、新体制で活動を開始しております。

 何かお困りの際はぜひ、知教労の門をたたいてみてください。「法律や対処方法を知らなかったため、うまくいかず不快な思いをした、心を痛めた」というケースが多いようです。体や心を壊す前に一度ご相談いただくと、大事に至る前に対処できるケースも多々あります。

 長時間労働や、パワハラなどを防ぎ、協力して働きやすい環境を作っていきませんか。

 

近くの知教労組合員または

知教労事務局へ

 <Mail>

お問合わせはこちらから

<Tel. Fax. >

0569-77-4955

 

 

つながらない場合、名古屋市など、知多半島以外の教職員の皆様は愛教労へ

【TEL】 052-242-4474

 

アクセス数は・・・2017年2月から

連絡先

知多地方教職員労働組合

事務局

 <住所>

 450ー2201

 愛知県知多郡阿久比町
 白沢字北石根14-12

<Tel. Fax. >

0569-77-4955

   

<Mail>

お問合わせはこちらから

愛知県教職員労働組合
愛知県教職員労働組合

知教労は愛教労(愛知県教職員労働組合協議会)に参加しています。愛教労Facebookに、お気軽に友達申請してください。