これまでの活動成果

・学校訪問時の主事への過剰接待について、知多教育事務所に申し入れたところ、
 帰りの手土産もなくなり、昼食は給食をとってもらうようになりました。

 ・希望なき転任人事については、不満が届き次第、校長・教育委員会に交渉に行き転任しなくてもよくなった事例もあります。

 

・半田市の不評であった「立腰教育」を交渉の末、考え直させました。

・教頭の持ち時間数0を解消させました。

・職員会や進路指導委員会など、勤務時間を超えたときの勤務の割り振りを実現可能に! (現在はまだ、この実現は各職場の交渉事になります。勿論、厚生労働省はサービス残業の撤廃で、後押ししています)

・県教委交渉をして、中学校の進路指導主事が、奨学金審査のまねごとををしなくてもよいようにさせました。(H17の成果です)

 

・県内に先駆けて、ほとんどの学校に勤務時間の記録をさせ、80時間以上の超過勤務の人数を調べ、知教労ニュースにて公開した。(継続中)

 

・大府市で長年問題になり、組合で継続交渉をしていた「小学校水泳大会」の安全上問題点(会場の不備)を指摘し、水泳大会を廃止させた。(これにより、ほとんど取れなかった夏休み中の年休が取得できるようになった。)(H27)

 

※パワハラについては、親身に相談に応じて全力で交渉にあたり、改善させており、実績もあります。また知教労の存在で、知多半島ではパワハラは減少してきました。(パワハラ相談があれば、組合として、協議を申し入れたり、改善を要求しています。いつでも気軽に相談を。)

アクセス数は・・・

連絡先

知多地方教職員労働組合

事務局

 

<Tel. Fax. >

0569-24-5216

   

<Mail>

お問合わせはこちらから

愛知県教職員労働組合
愛知県教職員労働組合

知教労は愛教労(愛知県教職員労働組合協議会)に参加しています。愛教労Facebookに、お気軽に友達申請してください。